導入文で読者を引き込む4つのポイント【ライティング術】

アイキャッチwebライティング

どうも、いもけん(@imoken_hukutu)です

今回は

導入文(リード文)ってよく聞くけど、

重要なの?どう書けばいいの?

このような人のための記事です。

導入文(リード文)とは記事の冒頭に書かれる文章で、文字数は200文字前後がちょうどいいと思います。

さて、タイトルでせっかく記事を開いてもらっても、導入文で読者をグッと引き込めなければ、そこで試合終了です。

つまり、導入文はめちゃくちゃ重要!!

この記事ではwebライティング歴1年の僕が、読者を引き込むための導入文の書き方を解説します。

ある4つのポイントを意識すると、導入文で魅力的な文章を書けるようになりますよ!

導入文で読者を引き込む4つのポイント

導入文 画像

「読者を記事に引き込むには、読者の立場になって文章を書きましょう!」

と、言われてもそれがむずかしいんですよね。

そこで、読者を記事に引き込むためのポイントを具体的に4つ解説します!

【導入文の4つのポイント】

  • 共感を得る
  • 意外性を与える
  • 信用してもらう
  • 解決策を提示する

では、”当記事の導入文”を例に会話形式で解説していきます!

読者の共感を得る

導入文 画像

記事を書く前に!

まず”ペルソナの設定”をしましょう。ペルソナの設定とは、かんたんに言うと「誰のために書くのか決めること」。

たとえば…

専業主婦の30代女性。

少しでも子育ての資金を稼ごうと、最近在宅ワークでwebライティングを始めた。

しかし、導入文の書き方がイマイチわからなくて悩んでいる。

このように、自分が誰のために記事を書くかを具体的に想定しましょう。そして、ペルソナの共感を得る導入文を書いていきます。

では、ペルソナの気持ちになって会話のように考えていきましょう。

 

ペルソナ)ライティングの導入文の書き方ってどうすればいいんだろう…

ちょっと調べてみよう。

記事)導入文の書き方を知りたくありませんか?

知りたい!導入部が重要って聞いたんだけど…

導入文ってイマイチ書き方がわからないという人が多いのに、

しっかり解説されている記事が少ないですよね。

そうそう!

わかりやすい記事が少なくて困ってたの!

このように困っていることに対して”共感を得る”ことを意識すると、読者を引き込むことができますよ!

意外性を与える

導入文 画像

共感を得て興味をもってもらいました。

では、次に意外性を与えてさらに記事に引き込みましょう!

 

記事)実は導入文はめちゃくちゃ重要なんです!

ペルソナ)そんなに!?

導入文は記事の最初に読んでもらう部分なので、

ここで読者をグッと引き込めなければ、

そこで試合終了です。

 

なるほど…

試合終了はいやだから書き方を知りたい!

意外性を与えて、導入文の書き方をこの記事で知りたいと思ってもらえました。

信用してもらう

導入文 画像

記事に興味をもってもらえました。

では、読者に本文を読んで行動してもらうためにこの記事の信頼性を高めましょう。

 

記事)導入文で読者を引き込むライティング術を、

webライター歴1年のいもけんが詳しく解説します!

ペルソナ)実際にライターとして活動してる人が

解説する内容なら信用できそう!

経験談の情報は記事の強みになります。ライティングの実績が少しでもある方は、それを提示すると効果的ですよ。

もし経験がない方は、しっかりと導入文についてリサーチして、効果的なものをまとめて解説するのもありです。とにかく、ここでは記事に信頼性を持たせる文章を書くように意識しましょう。

解決策を提示する

導入文 画像

さて、読者に信用してもらえました。

導入文の最後に、この記事でどのように問題を解決するかはっきりと書きましょう。

 

記事)導入文で読者を引き込むには、

ある4つポイントを意識すると、

読者の心を動かす文章を書けるようになりますよ。

ペルソナ)4つのポイントをおさえれば

良い導入文が書けるようになるのね!

この記事を読まなきゃ!

 

これで本文に進んでもらえるような流れが作れました!

たった200文字程度の導入文ですが、読者のことを考えると内容がすごく濃く感じませんか?

こうしてペルソナを具体的にすることで、導入文だけでなく記事全体のクオリティも上がりますので、ぜひ練習してみてください。

では、最後に4つのポイントを踏まえて、例にしたこの記事の導入文をもう一度読んでみましょう。

~導入文~

今回は

導入文(リード文)ってよく聞くけど、

重要なの?どう書けばいいの?

このような人のための記事です。

導入文(リード文)とは記事の冒頭に書かれる文章で、文字数は200文字前後がちょうどいいと思います。

タイトルでせっかく記事を開いてもらっても、導入文で読者をグッと引き込めなければ、そこで試合終了です。

つまり、導入文はめちゃくちゃ重要!!

この記事ではwebライティング歴1年の僕が、読者を引き込むための導入文の書き方を解説します。

ある4つのポイントを意識すると、導入文で魅力的な文章を書けるようになりますよ!

~終わり~

まとめ

読者を引き込む導入文を書くための4つのポイントを解説してきました。最後にこの記事の内容をまとめます。

導入文(リード文)はめちゃくちゃ重要です!

導入文で読者を引き込む文章を書く4つのポイント

  • 共感を得る
  • 意外性を与える
  • 信用してもらう
  • 解決策を提示する

以上をしっかり理解して、魅力的な導入文を書けるように練習してみましょう!

導入文の書き方以外のコツも知りたいという方はこちら

【記事作成のコツ】webライティングで初心者に必要な2つのスキル
どうも、いもけんです。今回は記事を書いていると手が止まってしまう…なんだか内容が曖昧な記事になってしまう…という人のための記事です。さて、記事の執筆に悩む初心者...

コメント

タイトルとURLをコピーしました