【文章の学習法】これを読め!書くことを勉強するのにおすすめの本

文章の勉強学習webライティング

どうも、いもけん(@imoken_hukutu)です。

今回は

話すのは得意なのに文章がうまく書けない…

書くことを勉強するのにおすすめの本ってある?

という方のための記事です。

書くことってむずかしいですよね!

会話だと夜明けまで語り合えるはずのに、いざ文章を書こうとするとまったく言葉が浮かばないという人も多いのではないでしょうか。

僕も今では書いた文章で報酬をいただいていますが、ライティングを始めたころは、まぁペンが進まないことこの上なしでした…(正しくはキーボードが進まない)

文章の勉強って具体的になにをすればいいのかわからないんですよね…

そこで!読むだけで文章を書くことへの意識や技術や考え方がグググッと成長する本があります。

それが『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

僕は、文章を書くことにある程度慣れてからこの本に出会いましたが、それでも大きく感銘を受けました。

それと同時に、できればもっと早くこの本に出会いたかった…!と少し落ち込みました(笑)

まあそうは言ってもしかたない。

文章の勉強に最適な本を知りたい人のなかに、僕のような次の犠牲者を出さないためにもこの記事を書きます!

ということで、この記事ではこの本を読むべき理由と僕なりの内容の解説をしていきますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

【文章の勉強】これを読め!書くことを学習するのにおすすめの本

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』はベストセラーになった『嫌われる勇気』を手がけた古賀史健さんの書籍。

タイトルの通り文章についての講義のように構成されていて、合理的な文章でありながら力強さや熱さを感じ、まるで熱血教師の授業を受けているような感覚になれます。

では、具体的にどんな内容が文章の勉強になるか解説していきます。

もどかしさを直感的な言葉で表現する心地よさ

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』は文章を書けないもどかしさをわかりやすい言葉に置き換え、読者が「そうそう!それそれ!」と言えるような表現を駆使して、同じ感情で授業を進めてくれます。

例えば本のなかの言葉を借りると、読者の文章がうまく書けないことを「頭のなかのぐるぐる」と表現するなんて、まさに直感的。

マッサージで凝っているところを的確に揉んでもらっているように、読んでいて心地良いんですよね。

僕は『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読んで、人生で初めて「この文章好きだなぁ」という感情が芽生えたのを覚えています。

これまであまり本を読んでこなかったので文章の好き嫌いを考えたこともなかったですが、初めて心地よさを感じたおかげで、「こんなにスラスラ読めて頭に入ってくるのか」と感銘を受けました。

わかりやすい具体例が満載

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』は、授業内容のひとつひとつにわかりやすい具体例を出してくれるので、具体例の大切さも理解できます。

例えば

①「話すこと」と「書くこと」は全然違う

②「テレビディレクターが新聞記者に転身するくらい違う」

①と②どちらが違いをイメージしやすいでしょうか。

そりゃあ②です。

なぜなら、自分がアパレル店員なら「飲食店にいきなり転職するくらいやることが違うんだなぁ」というように、自分に置き換えて考えられるんですよね。

このように、読者のモノサシでも測りやすいような具体例を出すと、専門的な言葉でもわかりやすく想像できます

テレビディレクターと新聞記者の例えも、実際に本に出てくるのですが、さりげない具体例もほんと勉強になります。

文章のリズムってなによ

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読むと”自分の文章のリズムが悪い理由”が理解できます。

文章を学ぼうとしたとき、文章のリズムという抽象的な言葉を耳にすることはあったのですが、正直「文章のリズムってなんだよ…」と思っていました。

文章のリズムって…韻を踏むとか?(ラッパーかよ)

それがこの本で解説されていて、もちろん結論はラッパーではありません。

結論:リズムが悪い文章とは”読みにくい文章”。そして、読みにくさは”論理展開”と”正しい接続詞”によって決まる。

「どうゆうこと!?」となりますが、どうか安心してほしいです。本のなかでちゃんと解説されています。

単純に文章が支離滅裂になっているという話で、サンドウィッチマンではないけど、「なに言ってっかわかんねぇ」ってことです。

読みにくい文章は、論理展開と正しい接続詞でつながれていないので、読んでいて「リズムが悪い」と感じます。

ここもわかりやすい具体例で解説されているので、もう少し深堀りしてみました。

”「バカバカバカ」と笑う女子高生”

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』では、普段の会話は文字に起こしてみると、想像以上に支離滅裂だという具体例が挙げられています。

”「バカバカバカ」と笑う女子高生”

見かけますねこの状況。言われてみるとたしかにそうですね…発言している言葉だけを文章にしてみたらなにも伝わらない。

例えば、もし笑っている女子高生が文章でおもしろさを伝ようとしたとき

「友達が鼻の穴を膨らませてゴリラのマネをしたまま国語の授業を受けている」

というように、文章ではなぜおもしろいのか論理展開しなければ伝わらない。

「そして私は友達に、小声で(バカバカバカ!いつまでやってんの!笑)」と言った。

正しい接続詞でつなげていくことでやっとおもしろさが伝わる。

つまり、文章で伝えるには論理展開と正しい接続詞が必要!

僕はこの解説を読んでから、自分の文章が支離滅裂になっていないか常に論理展開を意識するようになりました。

要は「読んでいて違和感がないかどうか」ですね。

プロはこれでもかというくらいリサーチしている

プロは膨大なリサーチをして記事を書いています。

だからこそ言葉に信ぴょう性があり、行動をさせるような記事が書ける。

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』ではそれも講義のなかで語られています。なんというか、ライターとしての生きざまがかっこいいんですよね。

とにかく、プロの姿勢がものすごく勉強になります。僕はこの本を読んでから、記事を書く前のリサーチの時間を惜しまないようになりました。

まずは読め、そして書け。

講義の終わりもまたかっこいい。

文章に対する意識、技術、書き方を十分に伝えてくれて、あなたが最初の一行を書き始めたら、それが講義終了のチャイム。

もうね、この講義は20歳と言わず15歳の自分に受けさせたいですよ。

「インプットしたらアウトプットしろ」

つまり

「まずは読め、そして書け。」ってことです。

それこそが、意味のある文章の勉強方法になるでしょう。

まとめ

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』について熱く語ってきましたが最後にまとめます。

この本を読めば、文章を書くことに必要な意識、技術、考え方が理解できる。

そして、理解したら書こう。

以上です。

僕は文章を勉強したいというみなさんに、一日でも早く『20歳の自分に受けさせたい文章講義』に出会えるようにとこの記事を書きました。

まずはこの本を読んで、そして文章を書いてください。

その一行目は今までと違い、意識や技術や考え方が詰まっている文章になるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました